亀頭周辺部のブツブツ

亀頭周辺部のブツブツでお悩みの方はいませんか?

ここにできるブツブツには、大きく分けて「尖圭(せんけい)コンジローム」という
ウイルス性の性病と、見た目はコンジロームに似ているものの性病ではない
「フォアダイス」があります。
尖圭コンジローム 性病で、放置すると増殖してしまう。ガンなどの原因になるといわれる。
フォアダイス 性病ではなく生理的な現象。イボは脂肪の塊で、感染することはない。

尖圭コンジローム

「ヒト・パピロマ・ウイルス」という病原体によって発症する、亀頭のカリ首や亀頭直下の薄い包皮にできるイボ状のでき物です。痛みもかゆみもないため放置する方もいますが、そのままにすると増殖を続けて皮膚ガンの原因や子宮頸がんの原因になるといわれています。非常に再発性が高く、完治するまでに半年~1 年以上かかる場合があります。
尖圭コンジロームの原因
感染者との性行為や陰茎の不衛生さ。
治療法と対策
電気分解によるイボの焼却。
早期治療とともに包茎手術を行うなどして清潔にする。
フォアダイスとの見分け方
決定的に違うのは、尖圭コンジロームの場合はブツブツが大きくなったり増えたりすることです。ブツブツの大きさや数が変化するようなら尖圭コンジロームの可能性が高いので、お早めの診察をお勧めします。
フォアダイス

主に亀頭のカリ首の周辺にある白いブツブツで、感染性のない脂腺です。ただ包茎の状態で不潔な状態が続くと目立つようになりますが、性病ではありません。小さなものであれば治療の必要はありませんが、目立つ状態であればパートナーに勘違いされないように治療しておきましょう。
治療法
電気分解によるイボの焼却。術後の患部は一時的に擦傷のような状態になり1~2週間でかさぶたがとれてキレイに治ります。
急に陰茎部分に白いプツプツが出たら、それはコンジロームのおそれがあります。そのままにしておかずご連絡下さい。お客様目線で対応させていただきます。